カンクンといえば「南国リゾート」というイメージを持たれている方が多くいらっしゃると思いますが、現地に着いてみるとイメージと違った気候…という方がまだまだたくさんおられます。気候を知ることで滞在中の病気を防ぐこともできますので、ご旅行前に確認しておきましょう。

カンクンの気候って?

カンクンは沖縄の北緯とほぼ同じ位置にある為、年中常夏の場所です。年間300日以上の晴天率ということで、世界各国からバカンスを求めてたくさんのツーリストが訪れています。年間平均気温は約27度、年中高温多湿の亜熱帯気候です。メキシコというとサボテンや砂漠のイメージが強い為、カンクンもハワイのようなカラっとした気候を想像されますが、実は年間平均湿度は80%とジメジメした気候です。(ちなみに東京の年間平均湿度は68%。)

雨期はいつ?

5月~10月までは雨季となり急に大雨が降るスコールが多いです。さっきまでは晴れていたのに、急に雲行きが怪しくなり豪雨…。その10分後にはまた晴れているということもしばしばです。お出掛けの際には、晴雨兼用折り畳み傘を持参すると紫外線対策にもなり便利です。蒸し暑さもあって、海やセノーテに思わず飛び込みたくなる気候です。

乾季はいつ?

1月~4月までは乾季となり雨が少なく過ごしやすいです。日なたは日差しが強く暑いですが、日陰に入るとほどよい南国の気候を感じられます。外国人に比べて体温が低めの日本人にとっては、海やセノーテの水が冷たく感じられる場合もありますので、ツアー時にはラッシュガードを持参されることをお勧めいたします。遺跡観光にはぴったりの気候です。

台風はいつ?

台風の時期は日本と同じ8月~10月くらいまでです。最近では異常気象のせいもあり、乾季に台風が発生することもあります。台風の時はもちろんのこと強風でも港が閉鎖することがあります。海でのシュノーケリングやダイビングツアーなどは、当日に不催行になることもありますので、ご予約済みの方は天気予報の確認をしお申し込み先に事前に確認しておきましょう。

ベストシーズンはいつ?

カンクンのベストシーズンは、4月~5月です。ちょうど気温も暑過ぎず、海やセノーテの水温も冷た過ぎないのがこの時期です。スコールや台風のも少なく予定通りのご旅行をご満喫頂けます。

持参した方がいいものは?

欧米人に比べて体温が低めの日本人。カンクンは暑い場所ですが、ホテルやレストランではビックリするほど冷房がガンガンにかかっています。屋外と室内の気温差が激しく体調を崩される方も多いので、どんな時でもカーディガンなど薄手の羽織物をご持参ください!ウォーターアクティビティに参加される方は、ラッシュガードをご持参ください。寒い時期には防寒具に暑い時期には日焼け対策に使えます。