ドレスコードについて

 

カンクンに来たらローカルフードのタコスもいいですが、

一度はお洒落に着飾って高級なレストランでロマンチックな食事もしたいですよね。

さて、そこで気になるのがドレスコード。

ドレスコードと言っても国によって大きく異なります。

ここではカンクンのドレスコードの常識についてお伝えしますので、ご参考になさってください。

ドレスコード

 

ドレスコードってなに? 

ドレスコード

 

ドレスコードとは、レストラン側から指定される服装規定のことをさします。

カンクンでもほとんどの高級レストランがドレスコードを指定していますが、

カンクンは暑い国ですのでフォーマル指定でも

男性はネクタイ要らずの比較的ゆるいスタイルとなります。

女性は男性よりもさらにゆるいスタイルとなりますので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。

 

ドレスコードの違いは?

 

ドレスコード

ドレスコードといってもエレガントやフォーマル、スマートカジュアルに

ドライカジュアルなどレストランによっても様々な呼び方をします。

ドレスコードに慣れていない日本人にとってどう違うのか悩むところ。

そこでカンクンのレストラン情報を元に大まかに4つに分けた表を

 

作成しましたのでご覧ください。

調べるのは面倒な気もしますが服装もマナーの一つとして守る必要がありますし、

何と言っても恥をかくのは自分自身ですので、

事前に確認してからレストランへ行くようにしましょう。

 

※ホテルによってドレスコードの名称や内容は多少異なります。

 

エレガント/フォーマル/リゾートエレガント/リゾートフォーマル

男性:ジャケット、襟付きシャツ、ロングズボン(ジーンズ不可)、モカシンなどの革靴  ※ネクタイ不要

女性:上品なワンピースなど、パンプスやハイヒールなど

カジュアルエレガント/スマートカジュアル/リゾートカジュアル

男性:襟付きシャツもしくはポロシャツ、ロングズボン(破れていないジーンズ可)、モカシンなどの革靴

女性:綺麗めなサマードレスなど、スニーカー以外のパンプス

カジュアル/ドライカジュアル

男性:Tシャツ、ジーンズもしくは短パン、スニーカー

女性:Tシャツ、ジーンズもしくはスカート、スニーカー

ビーチカジュアル

男性:タンクトップ、短パン、サンダル

女性:キャミソール、短パンもしくはスカート、サンダル

 

指定外の服装を着て行ったら、どうなるの?

 

レストランお断り

レストランによって様々ですが、入場拒否される場合があります。

レストラン側が良かったとしても、他のお客様がラフな格好をされているお客様をみて

不快に思われる場合もあることから、レストランとしては入場を許可できないのです。

入場拒否された場合は、残念ながら諦めるか着替えて再来場するしかありません。

あとはごく稀ですが、レストラン側が従業員ユニフォーム(シャツ、ズボン、靴)を

お客様にお貸しする場合があります。

ただあくまで貸し出し用ではなく従業員のユニフォームですので、

サイズがメキシコ人サイズとなり日本人にとってはかなり大きいサイズです。

常に用意している訳ではありませんので、基本的には貸し出しはないと思っておいて下さい。

万が一、借りた場合は感謝の気持ちをチップで表すようにしてください。

 

まとめ

 

レストラン

カンクンにはショッピングモールがたくさんありますので

現地で洋服を買うことは可能です。

ただ日本人のサイズが見つからなかったり、買い物へ行く時間がなかったりと

ドレスコードの洋服探しに貴重な旅行の時間を奪われてしまうことになりかねません。

そうならない為にも事前に確認してドレスコードにあった洋服を持参するようにしましょう。

少し荷物になりますがたまにはお洒落をして

お食事するのもいいのではないでしょうか。

 

その他のカンクン情報はこちらから

現地情報に関してお困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい。