カンクンのホテルゾーンは1本道の為、とっても簡単に移動することが出来ます。運行本数が多く料金の安いバスは、現地のメキシコ人はもちろんのことツーリストも多く利用しています。ここではバスの乗り方と注意点を詳しくお伝えいたします。

バス停は?

約200~300mごとにバス停があります。バスマークの看板があるところもあれば、看板がないところもありますのでご注意下さい。バス停に時刻表はありませんが、日中は約5分間隔、深夜は約30分間隔で24時間運行しています。

バスの乗り方は?

ホテルゾーン内の移動はどの番号のバスに乗っても目的地に到着しますが、ダウンタウンへの移動はルートが分かれるためフロントガラスに記載されている数字(ルートの番号)を確認してから乗車しましょう。バスが来たら必ず手を挙げます。手を挙げなければそのまま素通りされてしまいます。バスが止まったら前方の扉から乗車します。

~ダウンタウン行きのルート番号~

R-1:メインストリートやADOバスターミナルがあるトゥルム通りへ向かいます。

R-2、R-15:ウォールマート(スーパーマーケット)やメルカド28(民芸品屋)がある方向へ向かいます。

R-27:プラザ・ラス・アメリカスショッピングモールへ向かいます。

バスの運賃は?

バスの運賃は12ペソ/名です。(2018年1月現在)距離、ルート、年齢に関係なく一律同料金です。アメリカドルの場合は1ドルですが、お釣りはありません。チップは不要です。運賃は前払い制となり、乗車時に運転手に現金を手渡ししてください。大きいお札の場合はお釣りがなく断られる場合もありますので、小銭を用意しておきましょう。お客様のご旅行パッケージによっては、バスチケットをお渡しする場合があります。現金と同様にチケット1枚が乗車1名1回分としてご利用頂けますので、乗車時に運転手にお渡し下さい。チケットはAUTOCAR社(赤いバス)にのみご利用いただけますが、運転手によっては他社でも乗車させてくれる場合があります。乗車時に運転手までご確認下さい。

バスの降り方は?

目的地に近づいた場合、車内のブザーを押すか運転手に「ストップ」と降車の意思をお伝えください。意思を伝えると次のバス停で止まります。降車時は後方のドアから降りて下さい。混雑時は前方のドアから降りることも可能です。万が一乗り過ぎてしまった場合は、次のバス停で降りて戻るか、逆方向のバスにご乗車ください。

注意点は?

お支払いの際に運転手に目的地を伝えておくと、万が一違うバスに乗った場合に教えてくれたり、目的地に着いた時に知らせてくれます。ただし、たまに忘れて通り過ぎてしまう場合もありますのでご注意ください。

メキシコ人の運転はとても荒いです。着席する前に出発したり、ドアを開けたまま走行したり、急スピード・ブレーキしたりと大変危険ですので、できるだけ着席するか手すりに捕まるようにして下さい。

乗車中に居眠りをしてしまい、いつのまにかバッグを盗まれていたというトラブルが発生しています。身の回り品からは目を離さないようしましょう。